REAL ESTATE × IT × KNOWLEDGE × IDEA

「オーナー様が主役の物件管理」
不動産会社依存から脱却し
管理料を圧縮、中間マージン削減

このサービスのココが画期的

通常、賃料の3〜5%の管理料を1%に圧縮し固定費削減

同時に、リフォームやクリーニングの中間マージンを削減

オーナー様ご自身で管理できるようエントランスがノウハウ提供

※空室発生や賃料滞納などに対してはエントランスがサポート

月々の管理料を賃料の1%まで圧縮し
固定費を削減。利回り向上を目指す

一般的に、オーナー様が不動産会社に払う 月々の管理料は、賃料の3~5%といわれます。

不動産会社への依存を脱却し、オーナー様ご自身がすべての 管理を行える自主管理の環境をつくることで管理料を 1%にまで圧縮する。

これが、エントランスが提供する 「オーナー様が主役の物件管理」です。

このサービスをはじめて知ったオーナー様の中には こんな不安を抱く方もいるかもしれません。
「業務の負担が増え大変になるのではないか……」
「管理の素人の自分にそんなことができるのか……」

しかし、このような不安は一切ご無用です。 賃料回収をはじめとする管理業務の大半は ルーティンワークであり、一度仕組みをつくってしまえば 意外に簡単にご自身で行うことができます。

もちろん、知識やノウハウのないオーナー様がゼロベース から管理の仕組みをつくることは難しいでしょう。 そのため、この部分については、エントランス主導で設計し、 オーナー様がすべての業務をスムーズに行えるよう ノウハウ提供を行っていきます。

空室発生や、賃料の滞納などのトラブルに対しても エントランスが対応していきますのでご安心ください。

「コスト圧縮」と「入居者満足度向上」
を同時に実現する仕組み

「オーナー様が主役の物件管理」を行うメリットは、 管理料の圧縮の他にもう1つあります。 それは、「中間マージン」や「中間タイムロス」の圧縮・削減です。

例えば、リフォーム、修繕、ハウスクリーニングなどを 行う時、大半の不動産会社は外注業者へ依頼しています。 その際、不動産会社は一般的に数%〜数十%程度の 中間マージンをとっているといわれます。

不動産会社を挟まず、オーナー様が直接、業者とやりとり することで、この中間マージンも圧縮できます。

削減のイメージ


従来の物件管理の流れ

「オーナー様が主役の物件管理」の流れ



同時に、業者と直接コミュニケーションできるようになり、不動産会社を挟んでいた時のタイムロスが削減され、迅速な対応が可能となります。

これにより、入居者やテナントの満足度が上がり、空室リスクを防ぐことにつながっていきます。

つまり、「コスト圧縮」と「入居者満足度」を同時に実現する有効な策が「オーナー様が主役の物件管理」なのです。

「オーナー様が主役の物件管理」の具体的な内容は、管理している物件状況によって異なります。

そのため個別に設計していく必要がありますが、ご提案は無料です。まずは気軽に相談ください。

 

お問い合わせ