REAL ESTATE × IT × KNOWLEDGE × IDEA

不動産会社任せの物件管理から
「オーナーが主役」の物件管理へ。

今、つきあっている不動産会社は
あなたの横に座って提案をしてくれますか?

「丸投げ管理」では競争時代を勝ち抜けない
オーナー様ご自身が課題に取り組んでいくべき

不動産業界は今、確実に変化の時代を迎えています。

これまでオーナー様は、所有物件を不動産会社任せに していれば安定的な経営がしやすかった。 しかし、人口減、それに伴う入居者やテナント減少時代を迎え、 かつてないほど、物件同士の競争力が高まっています。

これまでは、ある程度の立地と物件環境があれば 経営は成立しましたが、変化に対応していくためには、 オーナー様ご自身が「さらなる経営の効率化」と「入居者満足度 の高い付加価値づくり」という課題に取り組んでいくしかありません。

経営効率化を進めて、利回りを高めることで 付加価値づくりにはじめて投資できる。両者は一体の関係にあります。

これを実現するには、不動産会社にすべての業務を任せる 「丸投げ管理」から脱却するしかありません。

オーナー様の対面に座る関係の不動産会社
利益を増やすための提案・説得になりがち

競争が高まる環境の中で、不動産会社はオーナー様に対して収益性や資産価値を高めるコンサルティング力を強めていく必要がありますが、これは現実的に難しいでしょう。

本来、不動産会社は、オーナー様の隣に座り、同じ目線の立場からコンサルティングをしなければなりません。

しかし、大半の不動産会社がコンサルティングを行わず、自社の利益確保に目がいってしまっています。

例えば、修繕が発生した時、本当は小さな工事で済むはずなのに、自社の利益を確保するためになるべく大きな工事にしようとする。

工事代が大きくなるほど、中間マージンが膨らむからこのような発想になってしまうのです。

言うまでもなく、これによりオーナー様のご負担が増大します。

不動産会社が稼ぐには、オーナー様に負担を押しつけるしかない。

いってみれば、不動産会社がオーナー様の対面に座っている関係といえます。対面に座り、少しでも利益を確保できるよう提案・説得しているイメージです。

これは、旧来の不動産業界のシステム上、仕方ないことといえます。このような関係でなければ不動産会社は利益を確保できず、経営を成立させることができません。


テナントとオーナー様、業者とオーナー様の 間に入らず、隣に座った関係でコンサル

エントランスは、不動産会社のように対面に座るのではなく、オーナー様の隣に座り、同じ目線になった上でコンサルティングをしていきます。

このオーナー様の隣にいる関係が、エントランス が何よりもこだわっているポイントです。

なぜ、私たちにだけ、それができるのか?

エントランスでは、不動産会社に頼らなくてもオーナー様ご自身が物件管理を行える仕組みとノウハウを提供しています。

賃料回収や定期点検などはルーティンワークであり、一度、仕組みをつくってしまえばオーナー様ご自身で簡単に行うことができます。

修繕や工事の際も、業者とオーナー様が直接やりとりできる仕組みを推奨していきます。

このような仕組みのビジネスモデルのため、オーナー様の負担を増大させても、私たちには何のメリットもありません。 オーナー様とテナント、オーナー様と業者の間に入って利益をあげる気は私たちにはありません。 だから、本来のコンサルティングが行えるのです。

今つきあっている不動産会社や、従来の物件管理のあり方に疑問を感じているオーナー様とまずは、本来あるべき理想の物件管理について意見交換したいと考えています。

お会いできることを楽しみにしています。

 

お問い合わせ